楽しくダイエット

ビフォー・アフター

パン好きな人にとって、ダイエットをするのはとても過酷です。小麦を作ってつくられたパンはご飯と比べてカロリーが高いからです。ダイエットをするのであれば、炭水化物を取り過ぎないためにパンを控えたいところですが、好きなパンを控えるのは難しいです。 そんなパン好きの人のために最近作られているのが、糖質制限をして作られたパンです。糖質制限にこだわることで、ダイエット中でもたくさんパンを食べることができます。特に肥満体型の人には糖質制限が必要なので、糖質制限を意識して作られたパンを食べることをオススメします。 その他にも、糖質制限以外にも、小麦ではなく玄米を使って作られたものや、米粉で作られたものもあります。

パンやごはんは炭水化物の中でも糖質、特に多糖類に分類される主食で、たくさん食べると血糖値を上げてしまいます。消化吸収にも時間がかかりますので、大量に食べると内臓の消化器官にも負担をかけることになります。糖質制限をするだけでカラダ本来の働きが再生できるようになります。 また惣菜パンや菓子パンには砂糖やミルク、バターが入っていますので、単糖類および少糖類も同時に摂取していることになります。また白米や白パンと呼ばれて精製され、玄米や小麦粉の本来の固さやうまみ成分が失われ、柔らかくなっているのでよくかまずに飲む込むことができ、吸収消化を妨げてしまいます。 そんな中糖尿病やダイエット、デトックスなどで糖質制限のパンが注目されています。 小麦の表皮を利用したふすまパンや大豆を使った大豆パン、玄米パンなどです。 糖質制限といってもベーグルやカレー、メロンパンなど定番もあります。 糖質制限をしたい人が手軽に購入できるように、パン屋さんやコンビニ、スイーツ店でも手に入れることができるようになっています。